長年のコンプレックスを解消してくれた輪郭形成手術

貯金をして美容外科で輪郭形成の手術を受ける

父親の四角い輪郭を受け継ぎ顔の大きさに悩んでいた | 貯金をして美容外科で輪郭形成の手術を受ける | スッキリしたフェイスラインで綺麗になれた

その結果資格も取得することが出来て、卒業後は無事に就職することが出来たので本当に良かったです。
専門学校時代からアルバイトをしていて少しずつ貯金をしていましたが、社会人になったので本格的に輪郭形成のための貯金を始めることにしました。
社会人になって3年が経過し、やっと手術を受けることが出来るだけの貯金が出来たので、いくつかの美容外科のカウンセリングを受けました。
どこの美容外科も3Dなどを使用して、手術後の顔の形がどうなるのか見せてくれたので、術後どうなるのか分かりやすかったのは良かったです。
その中で、輪郭形成の症例が豊富な美容外科で手術を受けることにしました。
四角い顔を自然に近い卵形にしてほしいという希望を最大限に取り入れてくれる手術を行うことになり、もちろん事前に術後の姿を確認して納得した上での手術です。
術後の傷がしばらく目立つのではないかと思っていましたが、口の中を切開して顎の骨を削ったりすると説明されて驚きました。
けれどそうすることで、傷跡が目立つことも無いので安心感があります。
全身麻酔を受けたのは初めてでしたが幸いにトラブルも無く、麻酔から覚めた時は手術はもう終わっていました。
手術は2時間程度かかったそうです。