長年のコンプレックスを解消してくれた輪郭形成手術

父親の四角い輪郭を受け継ぎ顔の大きさに悩んでいた

父親の四角い輪郭を受け継ぎ顔の大きさに悩んでいた | 貯金をして美容外科で輪郭形成の手術を受ける | スッキリしたフェイスラインで綺麗になれた

父親がいかにも男性らしい四角い輪郭の顔の持ち主なのですが、残念ながらその顔の形を完璧に引き継いでしまっていました。
中学生になる頃には、顔が小さく卵形の友人達が羨ましくて仕方がありませんでした。
小顔がもてはやされる世の中なのに、その対極にあるいわゆるホームベース型で、顔も大きかったので、流行の顔かたちとはかけ離れていました。
中高生の頃はちょうど反抗期でもあり、何故こんなにも父親に似てしまったのか、何故母親に似なかったのかと、両親に不満をぶつけることもありました。
それほど顔の形と大きさがコンプレックスだったと言っても過言ではありません。

勉強や部活も頑張って、友人もいて楽しい学生生活を送ってはいましたが、こんな顔でなかったらもっと楽しい人生が待っていたのではないかという思いは捨てることが出来ませんでした。
そこで高校生の頃から、大人になったら絶対に整形手術を受けてこの顔の形と大きさを何とかすると決意するようになりました。
顔の形や大きさの手術は輪郭形成手術といい、費用は決して安くないことも調べ、手術法も各病院によって異なることを知りました。
高校卒業後は専門学校に通い、アルバイトをしながら目指す資格の取得ための勉強にも励みました。

輪郭形成 : 輪郭矯正|輪郭整形